今買うならどれ?Macbookマックブック2016年春

Sponsord link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

つい最近、2016年4月にアップデートされたmacbookマックブック を購入した。

実は、2013年版のmacbook airからの買い替えなのだ。最近、水没して故障させてしまった。修理も考えたが保証期間も終わっており、正規ショップでは7万円の診断。非正規ショップにもリスクを感じながら持ち込んだが、55,000円の診断を下された。ちょうど2016年6月のWWDCで期待されたMacbook Air,Macbook proのアップデートがなかったので、現行のappleのノートブックの中では最新のMacbookを購入することにした。

しかし、今、MacBookを選ぶのはかなり難しい。

いまのMacBookラインアップは、スペックが微妙にばらけていて、ぱっと見これといった決定打がない。かなり悩む。

そこで、まずはMacBookの選択基準を明確にしよう。自宅でのメインパソコンだが、旅行や休日にカフェなどへ持っていくことも想定。ウェブブラウズやブログ記事、簡単な書類作成が主な用途だが、時折、写真や動画編集を簡単に行いたい。要約すると、私的なパソコンライフのクオリティを上げてくれるモバイルPCとしてMacBookが欲しい人向けのガイドラインとなる。そして、結論から言うと、MacBook 12-inch Retinaの通常グレードを購入した。

Macbook 12-inch retinaMacbook 12-inch retina Gold

今、まさにこのMacBookでブログを作成している。この決断に至るまでかなり悩み、色々なブログ記事などを参考にしたり、ストアに何度か通い、操作感やスピードを確認したで。そのときの思考の流れを整理したので、今後購入する方の参考になれば幸いである。

ただし、バリバリのプロユースとしてMacBookが欲しい人は違う基準で選ぶべき。現時点では、MacBook Pro15inchを買うしかない。ただ、まもなく新モデルが出そうなので今は待った方がいいだろう。

さて、プライベートモバイルPCで楽しいMaclifeを送ろうと思う人は以下をどうぞ。

 

Macbookマックブックラインナップ(2016年6月現在)

  • MacBook air 11-inch
  • MacBook air 13-inch
  • MacBook 12-inch
  • MacBook Pro 13-inch retina
  • MacBook Pro 15-inch retina

現行の新品ノートブックを購入することを前提。appleのホームページで確認してください。今回は、個人用モバイルPCの購入だったので、特に悩んだポイントの「携帯性(重さ)」、「CPU」, 「ディスプレイ」,「値段」で比較。

携帯性

重さ

  • MacBook air 11-inch 1.08kg
  • MacBook air 13-inch 1.35kg
  • MacBook 12-inch          0.92kg
  • MacBook Pro 13-inch retina 1.58kg
  • MacBook Pro 15-inch retina 2.04kg

MacBookの軽さが一際目立つが、MacBook Airも軽い。MacBook Proは拡張性が高い分、重厚感がある。ここで2kgを超えるMacBook Pro 15-inchには退場してもらう。MacBook Pro 13-inchもなかなか重いがギリギリ持ち運べるだろう。以前、会社で使用していたこともあり、その時は週1回くらいは自宅と会社を往復していたが、まぁなんとかなった。旅行に持っていきたいとは思わないが。

稼働時間について

現行 Macbookの稼働時間は、大きな差はない。唯一リストにあげていないが、MacBook Proのretinaではない通常ディスプレイモデルが7時間ともっとも短い。そもそもこのMacBook Proのスペック落ちは、HDDもフラッシュストレージでもないので、絶対に買わない方が良い。今、わざわざ重くて遅いHDDにするのはいくら安くてもお勧めはしない。

 

CPU(処理速度)

  • MacBook air 11-inch メモリ4GB
    • 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)
  • MacBook air 13-inch メモリ8GB
    • 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)
  • MacBook 12-inch  メモリ8GB
    • 1.1GHzデュアルコアIntel Core m3(Turbo Boost使用時最大2.2GHz)
  • MacBook Pro 13-inch retina 1.58kg メモリ8GB
    • 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
  • MacBook Pro 15-inch retina 
    • 2.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)

オプションでグレードアップできるが、最も廉価なモデルで比較。ここで、 Macbook Air 11-inchのメモリ4GBは現行のモデルで一際弱さを誇る。ここで退場してもらおう。悩んだのは、Macbook。CPUがモバイル向けのIntel Core m3と一つだけグレードが低い。Turbo Boost時の比較で、MacbookAir 13-inchにくらべると約2割遅いことになる。ここが今回最も悩んだポイントである。

動画編集をプロ並みにやるわけではないが、Go-proで撮影した動画などを編集して、旅行ビデオや誕生日メッセージビデオなどプライベートな動画程度は編集したいと思っていた。そこで、店頭のMacbookのiVideoの挙動を確認した。動画を切って貼って字幕を入れる程度の内容であれば問題なく表示再生もできていた。マルチタスクはおそらく無理だが、年に数回する程度の動画編集なら及第点ではないかと思うことにした。

また、MackBook のオプションとしては、1.2GHzデュアルコアIntel Core m5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)に変更することも可能だ。これならば、Macbook Air 13-inchレベルにできるし、HDDも512GBにアップグレードする。それで36,000円ほどかかるが、気になるようならアップグレードしても良いと思う。ただ、それでも速くはないのだ。速さを求めた瞬間からMacBookProの選択肢しかなくなる。だから、私はあえてアップグレードせず、たまにしかない動画処理はのんびりコーヒーでも飲みながらやることを決断した。お金は周辺機器のために取っておく。

ディスプレイ

さて3機種に絞れてきたが、ディスプレイはどうだろうか。

  • MacBook air 11-inch 1,366 x 768ピクセル(標準)
  • MacBook air 13-inch 1,440 x 900ピクセル(標準)
  • MacBook 12-inch  2,304 x 1,440ピクセル(Retina)
  • MacBook Pro 13-inch 2,560 x 1,600ピクセル(Retina)
  • MacBook Pro 15-inch  2,880 x 1,800ピクセル(Retina)

大分物事がシンプルになってきた。最初は何を選んだらいいかもわからなかったが、MacBookAir,MacBook,MacBook Proに絞られている。

さて、唯一Retinaではないモデルが、現行のMacBookAirだ。2012年6月に初登場してから、すでに4年。通常のディスプレイはこれからなくなるだろう。今、Retinaではないものは購入するのははっきり言って時代錯誤である。すでにハイスペックではなくRetinaが通常の時代に突入しているからだ。これでMacBook Air 13-inchが候補から脱落する。

※MacBook Air 13-inchは、そろそろRetinaモデルが発表されそうなのでそれを待てば問題は解決する。CPUパワーも 優れたMacBookAir Retina。実は今一番ユーザーが欲しいモデルなのではないだろうか。

 

値段

さて、2台に絞れました。いよいよ価格。ここまで純粋にスペックだけで選択してきたので、納得感がありますが、価格で優劣がつけば決まると思っていましたが、2つの候補はなんと、全く同じ値段。

  • MacBook air 11-inch 102,800円(税別)
  • MacBook air 13-inch 112,800円(税別)
  • MacBook 12-inch        148,800円(税別)
  • MacBook Pro 13-inch retina 148,800円(税別)
  • MacBook Pro 15-inch retina 224,800円(税別)

価格では、決定することができません。奥の手として一つ新しい基準を付け加えましょう。

どのマックブックが今、買い時か!?

これはニューモデル、最新度という意味。最後に機種の仕様が変わった日を並べてみる。

  • MacBook air 11-inch 2015/3/10
  • MacBook air 13-inch 2015/3/10
  • MacBook 12-inch      2016/4/20
  • MacBook Pro 13-inch retina 2015/3/10
  • MacBook Pro 15-inch retina 2015/3/10

実は、Macbookは2016年4月にマイナーチェンジされたばかりですが、MacBook Pro 13-inchはすでに1年3ヶ月何も変わっていません。つまり1年ほど古い技術のパソコン。今買うなら最新になったばかりの MacBookを購入するべきでしょう。

しかし、もうすぐ2016年のアップル発表があり、秋くらいにMacBook AirもMacBook Pro新もモデルに変わるのかもしれません。それも、もしかしたら、早ければ7月かもという嫌な予感もしています。アップルストアのAppleローンキャンペーンが6/30まで。7月になるまでに買わせようとしている気がする。。。

 

結論・最終決断したのはMacBookマックブックは?

  • MacBook air 11-inch 2015/3/10
  • MacBook air 13-inch 2015/3/10
  • MacBook 12-inch      2016/4/20
  • MacBook Pro 13-inch retina 2015/3/10
  • MacBook Pro 15-inch retina 2015/3/10

携帯性、CPU、ディスプレイ、価格、最新度の5つの基準では、MacBookが今なら買い時だと考える。

まだまだ、待てるぜという人は気長にいつになるかわからないけど、次のMacBookを待ちましょう。恐らくMacBook air retinaが来るような気がします。ただ、今、 アップルはiPhoneの落ち込みの対応で、iOSを優先しているのかもしれませんが。

 

とりあえず、もうMacBookを買ってしまった私は最新情報をシャットダウンして、後悔しないように注意しますが、これから買う方は、今年は情報収集をしてみてください。

Macbook使用後のレビューも今後随時あげていきます。この記事にを書いている現時点では、新しいキーボードのレイアウトにも意外と違和感なく使用できています。かなりキーボードについては、賛否両論の記事を見かけたのですが、なんだったのだろう?というくらい快適です。

DSC_0611

ゴールドはなかなか新鮮でいい感じです。とりあえず、スタバに持って行こうかな。普段行きませんが。

Sponsord link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Sponsord Link

コメント

  1. cyapu より:

    なるほど、今同じように悩んでいます。
    私の場合は、air vs macbook です。
    airの価格が10万円をきっているのでとても魅力に感じています。
    悩んでいる時が楽しいですが、答え出るのかな?と思っています。^_^

  2. cyapu より:

    その節はお世話になりました。
    無事にmacbookair13購入しました。
    何かと初めての経験がありますが、とても楽しい日々を過ごしています。
    お時間あればBlog覗いてください。

    http://cyapu.com/2016/12/23/macbookair/

コメントを残す

*