JTの次世代タバコ「プルームテック」!アイコス、グローと徹底比較!

Sponsord link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関東圏では一番遅れをとっていたJTの次世代タバコ「プルームテック

2017年夏頃より、通常販売され始めて、2018年を迎えた現在。在庫が十分に出回っています。

アイコス、グローと渡り歩いて、私もついにプルーム・テックを購入しました。

定価4,000円なので、amazonではプレミア価格が付いていますが、近くにプルーム・テックが売っていない人は、千円ちょっと高いですが、こちらで購入してもいいかと思います。

 

今回、購入した「プルーム・テック」とこれまでの次世代タバコ「アイコス」「グロー」の全てを渡り歩いてきた筆者がその違いを比較検討して、どれが一番おすすめか、レビューしたいと思います。

 

 

プルーム・テック、アイコス、グローの実体験ガチンコレビュー

さて、そもそもですが、次世代タバコ3つといいつつも、最後発のプルーム・テックのみ、実は加熱式タバコではないことはご存知でしょうか?

まずは、その辺りから説明していきましょう。

 

プルーム・テックな「蒸気式」、アイコスとグローは「加熱式」のそもそも全く異なる商品

  • アイコス  タバコの葉の先端部分を直接加熱します。
  • グロー  タバコ全体を「加熱」します。
  • プルーム・テック  リキッドを蒸発させた蒸気を「タバコカプセル」を通します

アイコスやグローは、本体などに紙巻きたばこが短くなったものを刺して、タバコの葉そのものを加熱して発生する煙を吸い込みます。

一方で、プルーム・テックだけは、リキッドとタバコカプセルに分かれていて、電気でリキッドを温めて蒸発させて、それをタバコカプセルを通すことでニコチンを取り入れた煙を吸い込むという仕組みです。

全く異なる仕組みであることはまず覚えておいたほうがいいでしょう。

この仕組みのおかげで、プルーム・テックは、タバコらしい匂いはほぼゼロです。

アイコスやグローは何かを燻したような匂いが少ししますが、プルーム・テックは

 

 

価格で比較

一番大事な価格を整理します。

  • アイコス  旧型9,980円、新型アイコス2.4Plus 10,980円
  • グロー   定価8,000円、実流通4,980
  • プルーム・テック 定価4,000

 

本体価格は、アイコスが異常に高く感じますが、3000円引きなどのキャンペーンもあるので、実際は6,980円ほどでしょうか。

それでも、プルーム・テックが最も安いです。

 

次世代タバコの本体部分には、寿命があります。

大体1年間保証とされており、利用頻度にもよりますが、

各機種を1年ごとに交換を前提にした場合、本体が最も安いプルーム・テックのコスパは格別です。

 

 

バラ売り対応で「プルーム・テック」バッテリー1,500円のプルーム・テックはコスパ最高

また、プルーム・テックで交換が必要となるバッテリー部分だけを1,500円で購入できます。

付属の充電器などを壊さなければ、バッテリーだけの交換でランニングできてしまうので、さらにコスパの良さが際立ちます。

 

 

使いやすさで比較

使いやすさでも「プルーム・テック」に軍配が上がります。

タバコカプセル1つでタバコ4本分吸えるのですが、プルーム・テックは1回の充電でタイムラグなく、次から次にタバコを吸えます。

プルーム・テックはその気になれば、一気に一箱吸えるほど連続で吸うことができます。また、一息だけといった使い方もできます

 

次点は、グロー。1本あたり加熱時間40秒で、次を吸うことができます。

 

最下位は、ご存知アイコス。一本吸うたびに3分ほど充電する必要があります。またタバコを刺す時に上手く刺さらずイラっとすることもありますね。

 

昼休みなど時間が限られている休みでは、次の一本をお預けさせられる時間は空しいものです。

使いやすさでも、プルーム・テックをおすすめします。次にグローですね。

アイコスは、ほぼ挽回不能なほど使いやすさでは水をあけられています

 

クリーニングの手間で比較

またもやプルーム・テックが一番です。

プルーム・テックは、リキッド部分とタバコカプセルが独立していて使い捨てなので、クリーニングは必要ありません

アイコスやグローは、タバコ部分を燻すため、クリーニングが必要です。

最も手間がかかるのはアイコス。バラバラにしてヤニらしい黒カスをブラシや綿棒でかき出す必要があります。とても面倒ですしお金もかかりますね。

 

 

かっこよさで比較

タバコはスマートに吸いたいものでしょう。そちらも評価してみましょう。

 

一番タバコらしいシルエットは「アイコス」だと思います。長さも手頃です。

 

次点は、ちょっと長すぎて、下手すると貴婦人ぽい「プルーム・テック」

 

最下位は、軸が細くて、ストロー吸ってるみたいな「グロー」

 

好みは分かれると思うのであくまで主観ですが。

唯一アイコスが他の次世代タバコに優っていそうな部分は「かっこよさ」かなと思います。

 

 

タバコの味で比較

私はメンソール派なので、その比較になってしまいますが、

マルボロか、ケントか、マイルドセブンという比較になるかと思いきや、実は大事なのはタバコっぽさは加熱式の方があるという点。

そして、タバコ全体を加熱する「グロー」が最も煙の質が均等で良い気がします。

次点が「アイコス」

最下位、というか、ちょっと蒸気式なので別モノと考えた方が良さそうな「プルーム・テック」となります。

 

健康面で比較

健康面は、まだまだ実証されていないところでしょうが、タバコをいぶさないプルーム・テックが周囲に対しては最も影響が少なそうです。

匂いは少ないとはいえ、「アイコス」「グロー」は明らかに部屋に匂いが漂います。

一方で、プルーム・テックは本当に無臭です。

 

持ち運びやすさで比較

プルーム・テックはスターターキットに専用ポーチがついています。

が、本体が長すぎるので、専用ポーチも長い。はっきり言って持ち運びは最もイマイチかもしれません。

長すぎるのでポケットそのままで行けるかどうか微妙なところ。

 

持ち運びでは、グローが1位。本体が最も小さく軽量で持ち運びやすいです

2位は、アイコスとプルーム・テック同率。

アイコスは大きくて重いので、あまり良いとは言えません。本体の蓋がバカになるとさらにイライラします。

プルーム・テックは本体の長さが非常に気になりますが、非常に軽量なので上着のポケットに入れておけば大丈夫そうです。

ポケットがなくなる夏はどうしたらいいか、回答がありません。ポーチは嫌です。

 

 

流通面で比較

関東圏では、全ての次世代タバコは主要コンビニで取り扱い開始しました。

最も後発だったプルーム・テックも同様です。

手に入れやすさでは、もはや差がなくなり、ようやく一般的な商品になったという印象です。

 

 

プルーム・テック、アイコス、グローの徹底比較まとめ

以上の比較をまとめて順位をつけるならば以下のようになります。

  1. プルーム・テック
  2. グロー
  3. アイコス

後発が最も評価が高くなりました。

アイコスは最初に出たので一気に利用者を獲得しましたが、不満点は多いです。価格面でも割高なので今後新規に購入することはないと思います。

 

グローはちょうど間といったところで個人的にもグローはサブで持っておいて良いと思います。

そして、最後に買ったプルーム・テックが、冷静に判断して最も使い勝手やコスパがよくておすすめしたい次世代タバコです。

 

ただ、タバコ的な嗜好品は味の好みはありますので、一度プルーム・テックストアに行けるなら試供品を吸わせてもらってから決めた方が良いかと思います。

 

 

参考までにAmazonにある各商品のページへのリンクをまとめておきます。

いまだに定価より高い設定のものもあるので、正規ルートでご購入をおすすめします。

近くにない場合はこちらでも良いかと思います。

 

プルーム・テック

 

グロー

 

アイコス

Sponsord link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Sponsord Link

コメントを残す

*