ポルトガルのリスボンで大航海時代を思ふ3つの名所とおまけ

risboa

アルゼンチンのイグアスの滝に圧倒された余韻を残したまま、ブラジルのリオに戻り、世界一周の旅を続ける。リオを離れて、初めて大西洋を横断する飛行機に乗り込む。

しかも、南半球から北半球へと戻るのだ。

見えない赤道を越えるという概念を脳で楽しむ。

ブラジルからポルトガルはそれほど時間はかからない。大航海時代のコロンブスとは逆にアメリカ大陸からユーラシア大陸へと上陸する。ヨーロッパは人生では2度目である。

30日間世界一周9都市目は、ポルトガルの首都リスボンだ。

 

大航海時代の情熱と面影を残した街・リスボン

ポルトガルに入国すると久しぶりの先進国の匂い。ペルー、ブラジルの新興国の空気も好きだが、街として洗練されている先進国の雰囲気も大好きである。何より旅のストレスは皆無だ。

空港からセントラルへのバスに迷うこともなく乗り込み、予約していたホテルへ。

risbonhotel

ヨーロッパらしいホテル。街並みに溶け込んだ古い小さな建物の1室を予約していた。

> ホテル グランデ ペンサオ レジデンシアル アルコビア

 

 

1.ジェロニモス修道院 (Mosteiro dos Jeronimos)

ホテルにチェックインした後、観光バスを活用して、海へと向かう。

大航海時代にコロンブスなど多くの冒険家が旅立った港を訪れる。

ユーラシア大陸の最西端のポルトガルから、大西洋を望む気分はまさに冒険家だ。

ジェロニモス修道院 (Mosteiro dos Jeronimos)

新天地への期待感に胸を焦がしながら港を散歩していると、荘厳で迫力ある建物がある。ジェロニモス修道院だ。世界遺産の一つだ。それにふさわしい圧倒的な存在感を味わう。

 

 

2.発見のモニュメント

monument

少し歩くと大航海時代の冒険家たちを賞賛するモニュメントがそびえている。

このモニュメントは登ることができて、そこから大西洋を臨むと、彼らの気分を少しばかり味わうことができる。海も空も遠くへと繋がっていき、先はどうなっているかはわからない。わからないからこそ行ってみたくなる。人生という航海を思い描くのも一興だろう。

 

彼らのようなざっくりした目的で私も行動する方である。綿密であるよりは一歩を踏み出す。そんなざっくりした大航海時代に生まれていれば私もきっと新大陸発見を夢見ていただろう。

どこぞの海賊みたいに仲間ばかりに依存して大した目的もなく海をさまよい、海賊王になる!という権威だけを求めるような奴らには全く共感できない。

わかりづらいかもしれないので、明記すると「ワンピース」という漫画があるのだが、ご存じだろうか。その主人公が海賊で、数人の仲間とともに海賊王を目指して冒険するというストーリーである。序盤は面白かったのだが、最近は読むのも苦痛なほど面白くないのだ。

大航海時代の英雄たちのような純粋で無謀なチャレンジと探究心が、ワンピースの主人公たちにはない絡んだろう。

 

3.ベレンタワー

beren-tower

発見のモニュメントからさらに西へ海岸沿いを進むと変わった塔が視界に入る。これも世界遺産の一つベレンタワーである。ヨーロッパらしいゴシック様式の塔で、それほど大きくないが海に突き出た不思議な立地にあり、奇妙な感じが興味をそそる。

 

ベレン地区を散歩しながら、大航海時代の面影を半日で味わいつくした後は、街へと戻る。

街へ戻りスターバックスへ入り無料wifiを堪能する。

starbacks-risboa

コーヒーを買ったレシートにPIN codeがある。私は常にアイスコーヒー(Cold Brew)を頼むのだが、海外のスタバは常に味が薄い。日本とは全くつくり方が違う。日本であれば、エスプレッソ2杯分くらいを氷で薄めてくれるが、海外では普通のコーヒーを氷で薄めているのだ。

何度かStrong coffeeにしてくれと頼んでみたが、出されるアイスコーヒーは常に薄かった。

 

さて、無料wifiは現代の海外旅行のオアシスだ。次はどうしようか戦略を立てる。

リスボンの街に面白いものを見つけた、街中にそびえ立つエレベーターだ。

 

おまけ)サンタ・ジュスタのエレベーター

risboa-elevator

街中にそびえている45mの巨大鉄塔が急に視界に入る。かなりの違和感がたまらなく好奇心をそそる。
低地バイシャ地区と高地シアード地区を結ぶエレベーターだ。

エッフェル塔の設計者、ギュスターヴ・エッフェルの弟子ポンサルドによる設計の逸品である。

 

観光スポットとして人気のエレベーターだが、平日ということもあり比較的空いていた。エレベーターに乗り込み屋上へ行くと感動的な光景が広がる。

魔女の宅急便のキキの浮遊感を味わえる街

risboa

まるで宮崎駿のアニメ「魔女の宅急便」の街並みのようである。

地上45mはちょうどキキが魔法のほうきにまたがり空を飛んでいる視点と同じくらいなのだろうか、あの風景を見ているようで爽快な気分になる。

煙となんちゃらは高いところが好きなのである。

 

街に戻り、小さなレストランで夕食をとる。

観光シーズンでないからか、店員は暇つぶしに声をかけてくれる。

彼から感じるのはポルトガルという国への愛であった。尋ねていないのだが、遠いアジアからの旅行者にポルトガルの良さをしきりに教えてくれるのだ。一気にポルトガルを身近に感じるきっかけになった。

 

しかし、30日間世界一周。次の街へと向かわなければいけない。

いつか、ポルトガルを再訪して、トンボのように自転車で街を走りたいと願っている。

 

 

 

アルゼンチンのプエルト・イグアス。悪魔の滝壺の真上で

motorcyclediary

ブラジル側のイグアスの滝を楽しんだ私は、そのままアルゼンチンの国境へ。

公園からバスターミナルまでたどり着いた後は、アルゼンチンへ向かうバスを探す。

ポルトガル語がわからないので周りの人にプエルトイグアス?と聞けば教えてくれる。

 

しばらく待つとバスが来たので乗り込み、アルゼンチンへ。

30日間世界一周8都市目の街は、アルゼンチンのプエルト・イグアスだ。

続きを読む

悔しいけど良著!「堀江貴文 ウシジマくんvsホリエモン 人生は金じゃない」

ushijimakunivshoriemon

さりげなく現在ベストセラーの本を一冊紹介する。

堀江貴文さんの著作「ウシジマくんvs.ホリエモン 人生は金じゃない」

現在ドラマも放映していて、間もなく映画もpart.3、FINALと放映が予定されている超人気漫画「闇金ウシジマくん」を題材に、現実の世界で最もリアルな言葉を吐くイメージのあるホリエモンが世の中を斬るわけだから、これで売れないわけもないか。

1,404円。なかなか高いが、ウシジマくんの魅力もあり、まず、堀江貴文さんのマーケティングのうまさに舌を巻き、ついつい久しぶりにリアル書籍を購入してしまった。さて中身はどうだろうか。

続きを読む

アマゾン15%OFFクーポン秋冬ファッションアイテム 9/29まで

いつもお世話になってるアマゾン。

服とかシューズとかバッグ、腕時計などのファッションアイテムの15%OFFクーポンが現在開催中だ。

> 15%OFFクーポン秋冬ファッション

クーポンコード:16FWAW15

を会計のときに入力すると15%OFFになる。

まだ9月なのに今年の新作も対象なのでかなりお買い得である。

続きを読む

ぶらり、イグアスの滝。フォト・ド・イグアスの街からの大迫力

iguau

ブラジル滞在日数は1週間くらいを想定していたので、リオ・デ・ジャネイロだけだと少し飽きてきた。

そこで、予定にはなかったが、ちょいと足を伸ばして、ぶらりと世界三大瀑布のひとつ「イグアスの滝」まで、寄り道旅行。30日間世界一周の7都市目はブラジルのフォト・ド・イグアス。

リオ・デ・ジャネイロからイグアスの街までは、格安航空券で往復2万円しない。

フォト・ド・イグアスは、ブラジルとアルゼンチンの国境の街。イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンの間にあるので両方の国から滝を楽しむことができる。それぞれ違った風景で、迫力も全く違うので、イグアスの滝を訪れる機会があったら、ぜひ、両方の国を楽しんでほしい。その方がアルゼンチンも楽しめてお得でしょ。

続きを読む

リオ・デ・ジャネイロのショップでブラジル女子に笑われる。

copakabana

30日間世界一周は、ペルーのマチュピチュから次の国へと進路を変える。

日本との時差は12時間。ちょうど真裏にある国「ブラジル」へ突入し、6都市目リオ・デ・ジャネイロ。

ブラジルに入国するためにはパスポートとは別に観光VISAが必要である。

30日間世界一周であれば、日本にいる間にブラジルの総領事館にパスポートを預ければ1週間ほどでVISAをつけて返してくれる。東京であれば、五反田駅前のビルの2階にこじんまりした総領事館がある。

五反田ブラジル総領事館

観光VISA発給日より、90日以内にブラジルに入国しなければならない。

そして最初の入国日から90日間ブラジルに出入国できる。最初の観光ビザをクリアすれば他の国と同様だ。

それにしてもカンボジアやインドネシアやエジプトのように入国のタイミングで観光ビザを発給してくれればいいのに。

続きを読む

マチュピチュへ大人の列車旅行。やはり思った、ラピュタは本当にあったんだ。

マチュピチュ ラピュタ

30日間世界一周5都市目は、ペルーのマチュピチュ。

あの有名なインカ帝国の遺跡である。

 

クスコ3日目の早朝、あたりがまだ暗いうちに列車を使い、遠く離れたマチュピチュへと向かう。

往復10時間強かかるが、身軽に行きたかったので、宿はそのままで日帰り旅行にした。

続きを読む

マチュピチュのお膝元、世界遺産の街クスコでアルパカを食す

DSC_0650

30日間世界一周の4都市目は、ペルーのクスコ。

インカ帝国の首都だった歴史ある標高3,400mの高さにある街。

その美しい町並みは世界遺産に登録されている。

 

ペルーの首都リマからは、空路でクスコに入った。

クスコ空港

高い山岳地帯の中にある盆地にクスコはある。周りは山で囲まれているので空港も小さい。クスコの空港ではレーダーではなく肉眼を頼りに離発着するらしく、少し天候が悪いと飛行機の発着が中止になる。実際、私がクスコを出発する日がまさにそれで雲が厚すぎて離陸できないということでその日のフライトはキャンセルされ、急遽もう一泊することになった。

続きを読む

ペルーのナスカの地上絵、リマから日帰りで快適。ペルーNo.1美味の弁当付き

naska01

30日間世界一周の3都市目はペルーの首都リマ。

いよいよ南米に突入。

 

世界一周しようと思ったそもそものきっかけが、南米が遠すぎること。

日本から、直接ペルーに行こうと思ったら、乗り継ぎで丸1日以上かかる。

飛行機で24時間連続移動するのは拷問である。だから大人は小分けにすることにした。

ハワイ→ラスベガス→ペルーといけば、8時間ずつのフライトで済むし、各地でゆっくり旅を楽しむことができる。

大人ならではのゆとり旅行計画である。

そして、ようやく南米ペルーにたどり着いた。

続きを読む