ブログを効率よく作れそうなWordPressテンプレートアフィンガー

ブログを投稿するのもなかなか骨が折れるものです。

しかも、スキルも乏しい私だから、なかなかサイトや投稿記事がうまくサクサク作れない。

 

そこで、このブログも使用しているword pressのテーマ・テンプレートでいいものはないかと探してみた。

 

現在使っているのが、Xeory。

その他にオススメされているのがSimplicity

そして、Stinger

このあたりが広く使用されているようである。

そして、次に出てくるのが有料テンプレート。

 

いつもの私なら、無料でいいやと上の3つで決めているのがだ、ここは、もう少し当使用しようと有料テンプレートで探してみる。

 

そんな中一つのテーマが、最近最新バージョンが提供され始めて、巷で話題である。

それが、AFFINGER4(アフィンガー4)である。

続きを読む

大迫力のIMAXとドクター・ストレンジの感想(ネタバレなし)

1/27から公開がスタートしたマーベルの「ドクター・ストレンジ」

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、マイティ・モー、そして、スパイダーマンと充実の一途をたどっている「アベンジャーズ」シリーズのニューキャラクターである。

北米公開では、単独ヒーローの第1作としては、「アイアンマン」の興行収入を超えるヒットになっているという期待作である。早速、公開翌日の土曜日に、IMAXシアターに足を運び「ドクター・ストレンジ」を鑑賞してきた。

 

ネタバレなしで、感想をお伝えするともに、久々にIMAXで映画を見たらかなりの迫力だったのでその辺りを詳細にレポートしたい。したいと思う。

続きを読む

モルディブの水上コテージの格安ツアーを見つける地道だが優れた方法

結婚して1年が過ぎ、ついに子供もできた。来年が出産予定なのだが、その生まれる前に行きたい場所ができた。

そう、「モルディブ」である。

大人の理想のリゾートとしての地位を確立しているモルディブ。ハネムーンの旅行先として人気も高い。

子供がいないうちに大人のリゾートとしてモルディブに行っておきたいと考えるに至ったのだ。

実際、小さい子供連れだと水上コテージには泊まれないホテルも多いのだ。

だから、新婚のうちにモルディブは行っておくべき旅行先なのである。

しかし、値段がどうしても高いのが悩みの種。

そして、モルディブ旅行はツアーが山ほど、ホテルも山ほどありすぎて、とにかくどこに行けば良いのか検討が難しい。

これまでに世界一周もしたし、述べ世界中20カ国以上の30都市以上旅行をしてきた私だが、本当に決めるのが難しい。

そこで、地道ながらも、結果的に満足度の高いモルディブ旅行を見つけられる方法を考えてみた。

続きを読む

買うならルンバ!?お掃除ロボットの値段と性能を比較!

引越しして、広めのリビングを手に入れた。

毎日、家にいるのが楽しくなる広さでかなりハッピーですが、広くなった分、お掃除がかなり大変そうである。

また、近々子供も生まれる予定もあり、少しでも家事の負担を減らせるのは良いのではないかということで、お掃除ロボットの導入しようと考えた。

 

ルンバから始まったお掃除ロボットブームだが、最近では日本のメーカーも含めて、色々な自動掃除機を展開している。

未だにルンバが王者であるのか?

それとも他のお掃除ロボットの中から、ルンバに変わるものができているのか?

各社の代表的なロボットの性能と値段を徹底的に比較して、何を購入するか決めたいと思う。

 

 

お掃除ロボットランキング上位5機種の値段と性能を比較!

価格.comのお掃除ロボット・最新ランキングのTOP5を早速チェックしていこう。

価格.com「ロボット掃除機」人気ランキング

  1. iRobot ルンバ880
  2. iRobot ブラーバ380J
  3. パナソニック RULO MC-RS200
  4. iRobot ルンバ870
  5. 日立 minimaru RV-DX1

 

続きを読む

キッチンのスペースが足りないときの便利まな板&水切りトレー

コンロとシンクの間にある平らな作業スペースって意外と小さくないですか?

 

自炊を本格的に始めようと思うとこのキッチンスペース問題は、「盛り土」問題よりも個人的には難儀なのもので、自炊することがストレスになり、自炊自体をやめてしまう危険をはらんでいる。

そもそも自炊をするメリットも多いが、やっぱり料理を楽しむくらいでないと続けられない。

ちょっと凝った料理を作ろうと思うと手順も増える。すると料理の過程で色々な中間成果物をストックして置くスペースが必要になるのである。

だから、キッチンは、少しゆとりある「スペース」を用意したいのだ。

そのために使える便利なキッチンアイテムを今回は、レポートする。

続きを読む

超便利なAmazon Dash Buttonとは?しかし、致命的な弱点を発見!

2016年12月5日、amazonで新サービス「Amazon Dash Button (アマゾンダッシュボタン)」がローンチした。

新しいモノ好きの私は、早速、その日のうちに注文して、運良くその日のうちにボタンも到着、その日のうちにボタンを設定、そして、注文まで完了した。

あれから、3日。実はまだ、頼んだ商品をゲットできずにいる。

なぜ、こんなことになってしまったのか、Amazon Dash Bottunの購入から、設定、注文の流れを通してレポートしていきたいと思う。

 

Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)とは?

まず、Amazon Dash Buttonとはそもそも何なのか。わからない人も多いだろう。

ボタンと言う名前の通り、物理的なボタンである。

続きを読む

インテリアにサブカル的アートを。ヘップバーンから、おそ松さんまで広がるキャンバスアートの世界

休日に美術館に行くこともしばしば。印象派の風景画や肖像画が好きな私。

海外旅行に行けば、その国で有名な美術館には立ち寄る方である。

そんな私もいつか広い部屋に引っ越したら、アートを飾りたいと思い続けて、すでに23年。

18で一人暮らしを始めてから、1DKを超える広さの家に住んだことがほとんどなく、独身をこじらせ続けていた私だが、最近、結婚もしていよいよ広めの部屋に引っ越そうということになりました。

 

そこで、リビングの壁にちょっとしたアートを飾ろうと思ってキャンバスアートを物色している。

 

 

キャンバスアートとは?

絵画用キャンパス生地を使用したインクジェットキャンバス。 写真やアート作品などをキャンバスにプリントし、紙では実現できない表現が可能で上質なインテリアアートとして存在感のある1枚になる。

goho

もちろん、額に入った本物の絵画を買えるなら、それでもいいのだがお高いし買えないものが多い。このゴッホの星月夜なんて、NYのMoMAに行かなきゃ見れないけど、キャンバスアートなら数千円。これなら、気分や季節に合わせてアートを掛け替えることもできる。そんなゆとりあるアート生活をしたい。

そこでこのキャンバスアートについて調べ始めたが、このキャンバスアート意外にすごいので、気になったものを紹介していく。

続きを読む

ウォーキングデッド最新シーズンを観るなら、HuluとAmazonの2刀流。

いま、最もハマっている海外ドラマは、ウォーキングデッド。

アメトークで「ゾンビ芸人」もやっていたので気になっている人も多いだろう。

zonbigeinin

そんなウォーキングデッドの最新シーズン「7」が10/24から日本でも配信がスタートした。

これから半年間、毎週月曜日の午後9時はゾンビドラマの最高峰の最新の物語を楽しむことができる。

そんなウォーキングデッドを楽しむ方法を今更ながら整理していこう。

続きを読む

アマゾンが日本にマジになった!?Kindleマンガモデル新登場

みんな大好きアマゾンは、言わずと知れたアメリカのIT大企業で、シアトルに本拠地をおくネット通販会社である。と言いつつも、最近では、Amazonプライムビデオや、Amazonプライムミュージックなど、通販以外の事業展開もしており、ハードウェア、ガジェットも開発している。

その中でも昨今の電子書籍の普及に一役買っているガジェットが電子書籍リーダーの「Kindle(キンドル)」である。

そんなKindle(キンドル)の最新モデルが10/21新登場する。

それが、Kindle Paperwhite マンガモデルだ。

kindle_mangamodel

マンガは日本特有の文化である。このマンガに特化したKindleをよもやアメリカの企業が出してくるとはまさに瓢箪からコマ、予想だにしていなかった。ついにAmazonが極東の島国であるニッポンに本気を出し始めたのかもしれない。このKindle Paperwhiteマンガモデル、現代の黒船となるか!?詳細を調べてみた。

続きを読む

おそ松さん完全新作は12月放送決定!JRAコラボ「おう松さん」にハマれ。

10月の番組改編では残念ながら、おそ松さんの第二期はスタートしなかったが、完全新作アニメスペシャルの12月放映が決定!

前回記事では10月もあるかと思ったのだが、おそ松フェスなどのイベントや舞台など、様々な周辺コンテンツが増えているのでそちらが忙しいのかもしれない。

 

12月のアニメスペシャルも、10月13日から開始されるJRAとの超大型コラボ『走れ!おう松さん』の一環らしい。

おう松さん公式サイト

続きを読む